院内感染対策 | さいたま市南区・南浦和の歯医者・歯科、ふじた歯科クリニック

ふじた歯科クリニック

院内感染対策

院内感染対策 細部まで徹底した衛生管理

当院の感染対策の取り組み

当院ではスタンダードプリコーション(標準予防策)に基づいた感染・衛生対策を行い、患者様が安心して通っていただけるような環境を整えています。

当院の感染対策の取り組み

スタンダードプリコーションとは?

スタンダードプリコーションとは、医療を提供する全ての機関において適用される感染予防対策のことであり、「標準的予防措置策」と呼ばれています。

感染症の有無に関わらず、全ての人の血液、体液、排泄物、創傷のある皮膚、及び粘膜には感染症のリスクがあると考えて行われる予防策のことです。

スタンダードプリコーション 標準的予防措置策

歯科医院における感染対策の必要性

歯科医院に限らず、耳鼻科や内科など、粘膜にふれる器具には常に「感染症」のリスクは伴います。感染症の種類は、現在流行している新型コロナだけではなく、HBV(B型肝炎ウイルス)、HCV(C型肝炎ウイルス)、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)、結核、水痘、麻疹、風疹、流行性耳下腺炎(ムンプス)、インフルエンザなどが挙げられます。

当院ではこのような感染症を引き起こさないためにも、スタンダードプリコーションに基づいた感染対策を行っています。

当院の感染対策の取り組み

  1. 消毒液を用いて診療台や操作パネル、カウンセリングルームの机を清拭
  2. スタッフのこまめな手洗いと手指消毒
  3. マスク、グローブの着用
  4. 患者様ごとにグローブを交換
  5. ドリル等のハンドピースを含めた治療器具の滅菌消毒
  6. 超音波噴霧器の設置
  7. ディスポザーブル製品(エプロンやコップ)の使用

新型コロナウィルス感染症を受けての追加の取り組み

  1. 定期的な換気の実施
  2. スタッフの検温を徹底
  3. 患者様の検温を実施
  4. 本や雑誌の撤去
  5. コロナに関する問診の実施
  6. ドアノブや取っ手・手すりを清拭

当院の感染対策設備について

当院は、歯科医療機関として、全ての細菌を死滅させる滅菌にこだわり、設備環境を整えています。

設備紹介

(1)高圧蒸気滅菌器

高圧蒸気滅菌 高圧蒸気で132℃、5分もしくは121℃、20分で滅菌します。全ての菌が消失します。当院はこの高圧蒸気滅菌器を使用して、、歯を削るタービンやバーにいたるまで、治療ごとに滅菌・消毒を行っております。

高圧蒸気滅菌器
(2)超音波噴霧器

当院では待合室に超音波噴霧器を設置し、空間の除菌・消臭予防を行っております。一見、清潔に見える空間でも菌やウイルスは潜んでいます。空気中、衣服、机や椅子、ドアノブなど目に見えないウイルスを抑制するため、空間除菌を実施しております。

ウイルス感染対策として、まずは、手洗い、咳エチケット等の一般感染対策の徹底に努めていただきたいと思いますが、清潔な院内で少しでも皆様の不安が取り除けるように努めいきたいと思っています。

超音波噴霧器
(3)超音波洗浄機

超音波洗浄器は超音波を発生させることにより、液体中の泡による衝撃波と水の分子を洗浄物にぶつけ、キャビテーション効果で汚れを落とします。目に見えない器材の細部まで短時間で洗浄することができます。血液やタンパク質の汚れが固まってしまった場合、浸漬洗浄を行ったのち、超音波洗浄を行うと効果的です。

超音波洗浄機
(4)滅菌パック

ピンセット、ミラーなどの基本セットや歯を削るタービン(「キーン」と音のする器械)等は、個別に滅菌パックに入れて滅菌器で滅菌し、患者さんごとに必ず交換しています。治療を行う際、患者さんの目の前で、滅菌パックを開封します。

滅菌パック

消毒・殺菌・滅菌の違いについて

  • 「消毒」とは、細菌の活動を弱めること。人体に有害な物質を除去または無害化することである。
  • 「殺菌」とは、特定の細菌を殺すこと。病原性や有害性を有する糸状菌、細菌、ウイルスなどの微生物を死滅させる操作のことである。
  • 「滅菌」とは、すべての細菌を死滅させること。増殖性を持つあらゆる微生物(主に細菌類)を完全に殺滅、又は除去する状態を実現するための作用・操作のことである。

当院では全ての細菌を死滅させる、滅菌にこだわり、衛生管理を行っています。

患者さんへのお願い

治療については、まずはかかりつけ歯科医にご相談ください。

治療の緊急性については、痛みや腫れなどを放置すると重症化や全身へ影響を及ぼすことがあります。歯周病などの定期管理も全身状態に関係し、高齢者や特に在宅や介護施設での口腔衛生状態の低下で誤嚥性肺炎などが生じることが懸念されます。義歯を装着せず、噛めない状況が続くことは、全身の健康を損ないます。

処置の緊急性は患者さんの状態により様々ですので、まずはかかりつけ歯科医にご相談ください。

口腔ケアに努めましょう!

不規則な食生活を避け、口の中を清潔にして細菌の数を減らすことが、誤嚥性肺炎やウイルス性疾患の予防につながります。毎食後の歯磨きをはじめお口の健康を保ちましょう。

歯科医師、スタッフにとって感染リスクが高いとされる歯科医療現場ですが、これまで歯科治療を通じて患者さんの感染の報告はありません。更に感染予防策を徹底し、国民の皆様の健康を守るために取り組んでいきます。

日本歯科医師会(国民の皆様へ)pdf

埼玉県歯科医師会(県民の皆様へ:新型コロナウイルス感染症予防・重症化予防と口腔ケア)YouTube

当院の
感染対策について